未分類

一人暮らしに乾燥機はいらない?乾燥機の必要性や乾燥機がない生活のメリット・デメリット・後悔ポイントについて考えてみた!コインランドリーや除湿器など乾燥機の代わりになるものも紹介!

一人暮らしに乾燥機はいらない?乾燥機の必要性や乾燥機がない生活のメリット・デメリット・後悔ポイントについて考えてみた!コインランドリーや除湿器など乾燥機の代わりになるものも紹介!

一人暮らしに乾燥機はいらない?乾燥機の必要性について考えてみた

一人暮らしの生活に必要かどうか、悩む家電の中に乾燥機があります。あれば便利だけど、なくても困らない、という声もよく聞きます。でも感じ方は人それぞれですよね。ではどんな時に必要を感じるのでしょうか?以下のケースが自分にとって当てはまるか、良かったら参考にしてみてください。

家事の負担を減らしたい

一人暮らしをしていると、代わりに家事をしてくれる人がいないので、全部自分で行わなければなりません。その手間を少しでも家電の力を借りて減らしたいと思うのは、自然なことです。

部屋干しの洗濯物を早く乾かしたい

梅雨時などは洗濯物が乾きにくいので、広くない一人暮らしの部屋が、部屋干しの洗濯物でいっぱいになってしまうことがあります。また、一人暮らしをしている女性や、花粉症のひどい人が、洗濯物を外に干せないからいつも部屋干ししている、ということもあるかもしれません。部屋干しの洗濯物が多いと、部屋が雑然とするだけでなく、嫌な匂いが発生したりもするものです。

こんな時には、乾燥機があればいいのに、と強く思うのも無理はないですよね。

一人暮らしに乾燥機はいらない?乾燥機がない生活のメリットを考えてみた

とはいえ、一人暮らしに乾燥機はいらないと言われている理由もたくさんあります。乾燥機がない生活のメリットをいくつか挙げてみました。

メリット①電気代を節約できる

東京ガスの調べによると、家庭で洗濯乾燥機を使用しない人は約6割になるそうです。その理由のほとんどは、光熱費がかかるから、でした。乾燥機のタイプにもよりますが、びしょびしょの状態からカラッと乾かすには、けっこうなエネルギーが必要です。そのコストを抑えたいと思う人も多いかもしれません。

メリット②部屋が暑くならない

乾燥機を使用すると、部屋の温度と湿度が上昇します。乾燥機にはヒーター式とヒートポンプ式があって、使用中に熱を発するのはヒーター式です。じゃあヒートポンプ式を選べば良い、と思いますか?ヒートポンプ式はヒーター式に比べて本体価格が高くなります。そもそもヒートポンプ式はドラム型洗濯機にしかついていない機能ですので、一人暮らしの部屋に置くには大きいし、ちょっと割高感があるかもしれません。

メリット③洗濯機だけの購入金額で済む

メリット②の通り、部屋を暑くしないタイプの洗濯乾燥機を購入しようと思うと、かなりの出費になります。洗濯機のみ、しかも縦型なら、ドラム型に比べて安く手に入ります。また置く場所が狭くても対応できるかもしれません。

一人暮らしに乾燥機はいらない?乾燥機がない生活のデメリットを考えてみた

では今度は乾燥機がない生活のデメリットも見てみましょう。

デメリット①効率よく洗濯物が乾かせない

最初にも考えたように、一人暮らしをしていると部屋干し率が高くなります。防犯のためだったり、急に雨が降ったりしても代わりに取り込んでくれる人がいなかったりするので、仕方がないのかもしれません。でも当たり前ですが、外干しするより部屋干しする方が乾くまでの時間がかかります。濡れた洗濯物が閉め切りの部屋に多くなると、湿度が高くなってカビが発生したりもするかもしれません。

デメリット②替えの洋服がある程度必要になる

そうやって効率よく洗濯物が乾かないと、着る服がどんどんなくなってしまいます。一人暮らしの部屋の収納は限られているので、もともと洋服を多くは持たないようにしている人も少なくないでしょう。ちゃんと乾いている服がないから、しょうがなく生乾きの服を着たら臭くて嫌な思いをした、という経験はありませんか?そうなると、ある程度は着回せるだけの量の洋服が必要になってしまいますね。

一人暮らしに乾燥機はいらない?乾燥機がない生活で後悔しそうなポイントを考えてみた

乾燥機がない生活のデメリットを読んで、なにも部屋干しにこだわらず、外に干せばいいじゃないか、と言う人もいるでしょうね。晴れている日にはあっという間に乾いて、気持ちいいですし。防犯や天候の変化を気にする人も、目隠しやカバーをかけておけば少しは安心できるかもしれません。でも、外干しには見落としがちな注意点もあるんです。これまでに、外に干しておいた洗濯物を取り込んだら、排気ガスなどの変な匂いや、虫がついてしまっていた、なんてことありませんか?特にカメムシは白い色が好きらしいですから、せっかく洗ったシーツにくっついていて、しかも気付かずに刺激してしまったらあの匂いを出された、なんて日には絶望しかありません。経験した人は知っていると思いますが、あの匂いは洗濯し直してもなかなか消えないんですよね。乾燥機を使えたら、こんなことにはならなかったのに、とがっかりするかもしれません。

そもそも洗濯物を干すのって一苦労ですよね。早く干さないとシワになりますし、適当に干していると乾かなかったり全部干しきれなかったりもしますし。朝、仕事や学校に行く前に干すのも大変ですし、だからといって疲れて帰ってきてから夜に干すのもしんどいですしね。そういう手間を毎回かけるくらいなら、洗濯から乾燥まで機械に任せてしまいたい、と思うことはありませんか?

一人暮らしに乾燥機はいらない? コインランドリーや除湿器など乾燥機の代わりになるものもたくさん

もちろん乾燥機があれば便利だけど、やっぱり一人暮らしにはもったいないよ..。と言う人には、代わりのこんな方法を試してみることをおすすめします。

乾燥機の代わりになるもの①コインランドリー

近くにコインランドリーがあれば、天気や時間に左右されず、洗濯から乾燥まで行うことができます。家で洗濯して、乾かなかった分を乾燥機にかけることだって可能です。コインランドリーは大きなものにも対応していますので、毛布やシーツなども洗濯・乾燥できちゃいます。家に乾燥機がなくても、コインランドリーを上手く活用できれば、問題なく過ごせそうですね。

乾燥機の代わりになるもの②除湿器

近くにコインランドリーがない、とか、他人と共用するのが嫌だ、という人には、家に除湿器を置くことをおすすめします。部屋干しの洗濯物を早く乾かすためには、除湿器で湿度を下げることが効果的だからです。部屋が除湿されると、そこにいるご自身も快適に過ごせます。除湿器があれば、気温はそこまで高くないけど湿度が高くて不快だ、という日にエアコン代わりに使用することもできて便利ですよ。

乾燥機の代わりになるもの③扇風機

コインランドリーや除湿器にあてるお金を節約したい、という人には、扇風機と部屋干しの組み合わせがおすすめです。部屋に干した洗濯物に扇風機の風をあてると、風の通り道ができて空気が循環します。ある調査によれば、そうやって扇風機を使用した場合、使用しなかった時の3倍も速く洗濯物が乾いたそうですよ。扇風機の電気代は安いので、洗濯物が乾くまでつけっぱなしにしていてもそんなに罪悪感はないでしょう。これは手軽でお得にすぐ試せる方法かもしれませんね。

いかがでしたか?一人暮らしに乾燥機はいらないのかどうか。あなたはどう感じたでしょうか。

感じ方は人それぞれですので、一人一人が無理なく快適に過ごせる方法を見つけられたらいいですね。