未分類

休日の過ごし方って?一人で女性(20代)が楽しめるプラン!

こんどの休日どうしようかなと考え中、あるいは週末の予定が急にキャンセルになってしまって暇になってしまった、というような20代の女性におすすめの、一人の休日の過ごし方を集めました。アクティブ派からインドア派まで、いろいろな過ごし方のアイディアを5つご紹介します。

ランニングやウォーキングで爽快な汗をかく

休日をアクティブに過ごしたいと思う時は、ランニングやウォーキングを始めてみるのはいかがでしょう。ランニングやウォーキングはシューズさえきちんとしたものを選べば特別な装備や設備がいらず、比較的手軽に始めやすいスポーツです。また一人でできるのがよいところでもあります。

どこを走ったらよいかわからないという時は、まず近い場所にある大きな公園などへ行ってランニングやウォーキングをしてみるとよいでしょう。またネット上にはランナーたちがおすすめのランニングコースについて情報交換をしているウェブサイトもたくさんあります。こういうところでコースを探してみるのも一つの方法です。

人気のあるランニングコースの近くには、ランナーにロッカーやシャワーなどの設備を使わせてくれるランニングステーションが見つかることもあります。こういう場所を利用すれば、荷物の管理や汗をかいたあとのことなど気にせずランニングやウォーキングを楽しめます。

また最近はランニングやウォーキング用のウェアやグッズも種類やデザインがとても豊富になってきています。スポーツファッションに凝るとランニングやウォーキングもより楽しくなるので特に女性にはおすすめです。

漫画カフェにおこもりして気になる作品一気読み

話題の人気作品から昔読んだ懐かしい作品まで、一度通して読んでみたいと思っている漫画作品はありませんか。とはいっても作品によっては何十巻にもおよぶ長編作品もあり、自分で全部揃えて読むのは大変だったりします。

そういう時は漫画カフェやネットカフェに行って、気になる作品を読みまくるという一人の休日の過ごし方もあります。

漫画カフェやネットカフェは料金が時間制で飲み放題のドリンクバーが料金に含まれている場合が多いですので、自分で漫画を買って読んだり喫茶店で過ごしたりするよりもお得な過ごし方になるかもしれません。またお店によっては食事を注文できるところもありますので、こういうお店なら一日こもって読書三昧ができます。

漫画カフェやネットカフェは以前はビジネスマン向けの殺風景な内装の店が主流でしたが、最近は女性客を意識した明るく柔らかい雰囲気の内装のお店が増えてきました。こういうお店だと20代の女性一人でも利用しやすいですね。また漫画以外にも週刊誌や雑誌などを置いている店も多いですから、これらを思いっきり読みたいときにも漫画カフェやネットカフェは使えます。

休日にこういった漫画カフェやネットカフェを1日利用して、本に没頭できる静かな空間で読みたかった漫画や雑誌を思いっきり読むという過ごし方もリフレッシュになりそうです。

スマホやPCで絵を描いて休日クリエイター

子供の頃お絵描きが好きだった方などは、大人になってまた自分で絵を描いてみたいと思うことがあるかもしれません。でも水彩画やデッサンなどにしても漫画風のイラストにしても、絵の描き方を学ぶにはまず道具を揃えるところから必要な場合が多く、なかなか敷居が高かったりします。

そんな場合は、スマホやパソコンでイラスト用のアプリをダウンロードしてデジタルイラストを描いてみるというクリエイティブな休日の過ごし方をしてみてはいかがですか。

アプリならばいつも使っているスマホやパソコン以外に特別な道具を買う必要が無く、思い立ったときにすぐ絵が描き始められます。パソコンの場合はマウスで絵を描くのは大変なのでペンタブレットがあったほうが楽ですが、スマホの場合は指先でも問題なく直接画面に絵を描けるため、手軽です。

アプリはダウンロードしたけれど何からどう描いたらよいかわからないという場合は、ネットでそのアプリのチュートリアルを探して、それを見ながら同じものを描くところから始めてみるとよいでしょう。そのうちに自分の創造力が湧いてきて、描きたいものがわかってくるかもしれません。

最近はこれらのイラスト用のアプリには無料でも有料製品に近い機能を持つものが多くあり、慣れてくるとプロのような様々な効果を使った凝った作品を描けるようになります。

誰かに見せたいような満足いく作品ができあがったら、SNSなどに投稿して他の人に見てもらうのもモチベーションがあがるのでおすすめです。こんな風に休日はクリエイターとして過ごしてみるのも面白いかもしれません。

休日DIYで理想の部屋に近づける

ネットで他の人のSNSや写真を見て、すてきだなと思うインテリアに出会うことがありませんか。でも「自分もこんな部屋に住んでみたい」と思っても、引越しはお金も労力もかかるし改装は持ち家でないと難しいしで、結局今のままの住まいで我慢するというのが現実だったりします。

ですが世の中には引越しや本格的な改装ではなく、DIYで理想の住まいを実現している人たちもたくさんいます。100円ショップで買った材料でも少し手をかければヨーロピアンな窓枠ができたりしますし、中にはカラーボックスなどでキッチンカウンターを作り、夢のアイランドキッチンを実現してしまうような人もいます。ベランダをリゾート風にしてみるのもすてきです。

賃貸住まいの方はDIYをすると原状回復が大変ではと思うかもしれませんが、ネット通販などで探してみると壁や床を傷つけずに模様替えできる素材がたくさんみつかります。これらを利用して木の壁や外国のタイル貼り風の床に模様替えしてみたりすると、部屋の雰囲気ががらっと変わりますよ。

ほかにもそんなに大きな模様替えでなくても、普段感じる「ここにこんな棚があったら便利だな」「ここに物がかけられたらいいのに」というような小さな不満もちょっとした棚を自作したりすることで解決することがあります。

少しのDIYで日頃の憧れを叶えたり、ストレスの元をなくしたりするのも有意義な一人の休日の過ごし方となるでしょう。

動物と過ごす癒しの休日

動物が大好きだけれどいろいろな事情でペットを飼うのが難しいので我慢しているいう人も多いですよね。それは無理をして飼うよりも責任感のある立派な態度のはずですが、ネットで可愛い動物の動画を見たりすると「自分もペットが欲しい」と心が揺らいでしまうこともあるでしょう。そんな場合は動物と触れ合える場所に出かけるという休日の過ごし方があります。

まずオーソドックスに動物園や水族館へ行ってみるという案。動物園や水族館は見るだけだからつまらないと思うかもしれませんが、施設によっては動物と触れ合えるコーナーがあるところもあります。

もっと動物との触れ合いを求めるならば、猫カフェなどの動物カフェで休日を過ごしてみるのもよいでしょう。動物は必ずしも寄ってきてくれるわけではないので期待ほど触れ合えない場合もありますが、お店によっては別料金を払えば動物へおやつをあげられるようなところもあります。こういうサービスを利用すれば動物と触れ合えるチャンスが増えるかもしれません。

動物カフェの中には動物の保護団体が運営していて里親探しや保護活動の資金づくりを目的としているところもあります。こういうところに行けば動物との触れ合いを楽しみながら動物保護に貢献もでき一石二鳥ですね。

動物の可愛いしぐさを間近で見たり触れ合ったりすると心のデトックスにもなりそうですし、きっと一日優しい気持ちで休日を過ごせることでしょう。